<< 子ども手当て その後の様子 | top | 春の風物詩 >>

東京都青少年健全育成条例改正問題

昨日舞い込んだ非常に困ったニュースのもう一つの話です。
つまりは「児童ポルノ法」の事ですが、
まず初めに書いておきますと。

私はアダルトもBLも嫌いです。
無くなるなら無くなった方が良いと思っています。
そういう要素を含んだ作品で面白いと思って読んでいる物もありますが、その表現を特別歓迎して読んでいる訳ではありません。
が、それとは別にして、法律による規制、弾圧は断固反対です。


個人の主観によるポルノ表現を伴う、例えば写真一枚・絵一枚・画像一枚・雑誌、本一冊等の所持だけで指導を受けたり、罰せられるなんて法律は、
結論を言えば、かつてアメリカで実施された禁酒法と同様の悪法だと断言します。
法律で一方的に押さえつけても有害な物は決して無くなりはしません。
それどころか不必要に“法律違反者”が増えます。

この「児童ポルノ法」。
この法案はいつからかいちいち創作物の表現、
つまりマンガ・アニメ・ゲーム・イラスト等、二次元的存在よる被害を掲げるようになっていきました。
これまでも度々改正案が挙がっては反対意見により中止し、後に凍結されたとの事だったのですが、
ここに来て今度は国会ではなく東京都議会で挙がって来ました。

色々細かい話をココで書いても読むのが大変なだけだと思うので業界関係者の方のブログ記事と、今回の条例についてのまとめサイトを載せます。

都条例「非実在青少年」規制問題について

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト


3月末に可否が決まるのでのんびりしていると大勢の人が犯罪者になります。
そして、東京都議会の話でしょ?と思っている方、
東京都は様々なメディア、コンテンツの発信の場です。
そこで条例が実施されれば他県への作品の流通も完全にストップしてしまいます。
他人事ではないです。
こんな条例を実施して欲しくないと思われる方は
是非東京都の議員さんなどに意見を送って下さい。
今ならまだ止められます。

まとめサイトにもリンクがありますが載せておきます。
意見を送る場合は必ず読んだ方が良いです。
<規制に反対の声を上げたい人へ>
「都条例への反対方法」 夏目房之介氏(漫画評論家)
「みんなに心掛けて欲しいこと 」 ※都議に反対意見を伝える際の詳細なアドバイス
初心者向け反対活動の方法(簡易版)


とりあえず私の言いたい事は別けて書きます。
一般の方はおそらく「青少年の健やかな成長の為には、そんな有害コンテンツは無い方が良いに決まっている。」
と仰る方が比較的多いのではないかと思います。
実際オタクと言われる人側の意見は
「個人の趣味嗜好を下らない法律で制限されて欲しくない。」
「言論の自由・表現の自由を奪わないでほしい」
「マンガ・アニメ等の創作物が犯罪者を産むほどの影響力がある筈が無い」
だったり個人の保身にしか見えない意見が多い様に思います。
ですが私個人はこのオタク側の意見には少し賛同しかねます。
小さい頃からマンガ・アニメに親しみ、その評判や発生した影響の様なものにも目を向けていて強く思います。
マンガ・アニメ等の創作物は読み手に大きな影響を与える物だと思います。
良くも悪くも。
ある一方で英雄を生み、またある一方で犯罪者も生む可能性を持っていると思います。
つまりはその表現力の持っていき方と、受け手の気持ちの有りようでどんな力でも発揮するものだと思います。
なので、私の意見としては
作り手、受け手の両方のバランスが大事なのであって、
一方的に作り手側の責任だけを問う事は出来ないものだと思います。という事です。

結局オタク側を肯定してるじゃないか、という意見が来るかもしれませんが、
受け手が存在するからこそ創作されるものなので、これは当然の事と私は思っています。
例えば、ある人気の作品があったとします。
とても面白いと評判で、テレビやインターネット、色んなメディアで取り上げられ、どんどん購入者も増え広がります。
購入者から様々な意見が寄せられます。
制作側は購入者の期待に応える為に、意見や要望を考慮し、取り入れて作品制作を続けていきます。
しかしその内容はどんどん暴力表現、性的表現が増えていきます。
目を覆いたくなるような血みどろの内容になっていきます。
ですが評判も売り上げもどんどん上がる一方です。
もっともっと過激な内容を期待する購入者、
その意見に応えようとする製作者。
中にはもうついていけないと離れた購入者もいますが、
その人達はただ作品を手にしなくなっただけで、製作側に対し、こんな内容は良くないなどの意見は特にしませんでした。

ある日、その作品内容と似た暴力事件が起き、問題になりました。
一部の人は「あぁ、やっぱりな」と口にします。

これは一体誰が悪いのでしょう?
制作側ですか?
だれも意見をせず、誉めそやし、更に先を求める人ばかりの中制作を続けて、たった一人の人が作品内容と似通った事件を起こしてしまった。
これだけで制作側、作品の責任になりますか?
その作品を世間に大きく広めた各メディア、内容を考慮せず大人も子供も区別せず勧める大勢の人々。
作品内容を肯定した大勢の人々。
内容を拒否しながらも否定意見を示さなかった人々。
多くの人がそれぞれに関わっているんではないでしょうか?

ここで“青少年の健全な育成”を加えると。
ある子供が過激な内容を含む本を読んでいました。
両親はその子が何か本を読んでいる事は知っていましたが、内容は把握せず特に気にも留めませんでした。
その子供がある日何か悪さをしたとします。
子供は「本に書いていたことを真似した」と言ったとします。
作品の責任でしょうか?
この場合その子供の年齢にもよるかもしれませんが、
小さな子供だったなら親がしっかり監督し、過激な本を読まないように気を付けていた。
もしくは内容を確認し、こういう行為はしてはいけない事と教えてあげていたならその子は悪さをしなかったかもしれません。

教育は親や大人たちの責任と義務であって、法律が担う物ではない筈です。
さまざま存在するものの中から、良いと思ったものを選ぶ力をつける事はとても重要だと思います。
その“良い”の基準は勿論親や大人達が正しく教えていくものなのではないでしょうか?
法律でアダルトや暴力表現を含む創作物を弾圧したとしても、
先に禁酒法の事を書いたように、裏では当たり前のように流れるでしょう。
そうなると、場合によっては「これは良くない物だから好んではいけない」と止める間も無く、禁止されているものを手にし、突如違法行為と断罪されるかもしれません。
選ぶ事の自由の大切さをその時になって悔やんでも遅いです。
法律でそう定められた以上、それは罪になるのですから。

努力と忍耐無しに、法律で強制的に押さえれば必ず反発を生んでしまいます。
そんな社会にしない為にも、まずはこの無茶な法案の可決に反対し、“青少年の健全な育成”を真剣に考えるなら、表現の規制については自治の力で行なうべきです。
親の立場である人々がしっかりと業界を監視し、「この様な表現は抑えるべきだ」と意見を発し、子供達を押さえつけ命令して従わせるのではなく、成長を思いやり正しく教え、導いてあげたなら、
きっと健全に成長してくれる事と思います。
そう信じて行動する事が大切なのではないでしょうか。

もとよりこの法案は“青少年の健全な育成”を目的としてないだけに、創作物の規制どうこうの話以前に止めなくてはいけない話なんですが、マンガ・アニメに一方的に罪を着せられるような事にはなってほしくないので、これを中心にアレコレ書いてみました。

もう一つこの法案について言うなら、
インターネットのフィルタリングについてです。
これも“青少年の健全な育成の為に有害サイトをブロックする”
名目の元導入されたものですが、
中には必要な情報がブロックされ、閲覧不可になり、逆に閲覧するべきではない本当に有害なサイトが閲覧出来る状態であったりと、ソフトが役割を全う出来ていないのです。

ある悩みを抱えた子供が、解決策は無いかと検索したものの、
解決の為の情報を沢山掲載されたサイトも、「有害ワード」と判断されブロックされたなら、
その子は悩みを解決出来ず、誰にも相談も出来ず辛い思いを続けなければならなくなります。
インターネットには確かに有害な情報が沢山あります。
でも必要とする情報を短時間で比較検討し、集める事が出来る大変高い利用価値があるものです。
私のPCはフィルタリングしてないので実情はハッキリしていませんが、知人の話によると政治関連一部サイトが見ることが出来ず、
マスコミによって編集された政治情報だけがみれる状態だったりもするそうです。
せっかく高い情報収集力のある道具と所持していても、
ソフトに邪魔をされては、真実を知る機会を失ってしまいます。
役割を果たせないソフトを無理やり使うよりは、これも親御さんが傍につき、しっかり教育してあげる事がまず先決ではないかとおもいます。
大切なお子さんを機械に任せてしまってはそれこそ危険ではないかと思います。
今回の法案は、この役割を果たさないソフトの徹底導入についても触れられています。
何が大切なのかを自分自身で考え、選んでいける社会であってほしいと心から思います。

あ〜、むっちゃ長なった;;
読む人いんのかしらコレ??
kawamurakou | 日常 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
読経しちゃうぞ! (フラワーコミックス)
読経しちゃうぞ! (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
絹田村子
神社、教会、寺に生まれた息子達が嫁探しに奮闘するドタバタコメディ(笑)
ほのぼのな中にじわりと漂う緊迫感が楽しい♪
RECOMMEND
信長の忍び 1 (ジェッツコミックス)
信長の忍び 1 (ジェッツコミックス) (JUGEMレビュー »)
重野 なおき
織田信長の忍となった少女千鳥が主人公の、戦国4コマまんが。
キャラ解釈が絶妙で良く知った歴史でも別物に見えてくる不思議☆
ボケキャラが凄い数(笑)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
パレドゥレーヌ 通常版
パレドゥレーヌ 通常版 (JUGEMレビュー »)

攻略キャラが老若男女合わせて30名以上というとてつもないお姫様シミュレーションゲーム。捨てキャラも少ないし領地経営も楽しいしオススメ☆
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS